自費出版・流通出版・執筆のことなら文芸社へ

自費出版・流通出版は気軽にSite執筆・出版の応援ひろば
よむ人からかく人へ。ここは表現する人を応援する著者のための『ひろば』です。ご相談・お問い合わせは…「なんでも相談室」へ

執筆・創作・自費出版・流通出版のことなら【気軽にSite 執筆・出版の応援ひろば】トップへ > 書く歩く(第38回 『見える人−②』)

書く歩く(第38回 『見える人−②』)


第38回 『見える人−②』

 僕が驚いたのは、今構想中の小説に、少年野球のエピソードが出てくるからだ。
「それを書くことで先行きが明るい、曾お婆さまがそう仰っています」
 とKさん。
 僕には、曾祖母の記憶がひとつだけある。母方の生家は、東京の墨田区で、俵(たわら)を手広く商っていた。俵は、今で言うところのパッキンである。レールの運搬時に使用されたりして、近所を走る京成電鉄とも取引があったようだ。晩年の曾祖母は、広い家の2階でいつも過ごしていた。ある日、僕が2階に上がって行き、和室の障子を開けると、曾祖母が座っていて、そっと笑いかけたのだ。
 この断片のような記憶が、僕の中にある唯一の曾祖母の姿だった。それを話すと、Kさんはほんの少しだけ不可解そうな顔をした。
 しかし、再び僕を真っ直ぐに見て、
「その野球の小説、書かれるとよろしいですよ」
 と言った。

 帰宅すると、さっそく僕は母に電話して、曾祖母について訊いてみた。
 母の話で分かったことは、曾祖母の名前が「きん」、曽祖父の名前が「彦次郎」ということだった。
 さらに、「お婆ちゃんと、曾お婆ちゃんは、血がつながっていないよ」と母が言った。
 僕は驚いた。
 祖父、真三が入り婿であったことは知っていた。しかし、祖母の清子までが養女であったとは……
 僕は母に、自分の記憶の中の曾祖母の姿を伝えた。
「曾お婆ちゃんて、小顔の人じゃなかったかな?」
 そういえば、そうだったかもしれない、と母は言った。
「曾お婆ちゃんは、僕が幾つの時に死んだの?」
 母は、曾祖母が89歳で老衰で亡くなったことは覚えていたが、それが僕が幾つくらいのことかまでは思い出せなかった。
 今度は母の家の近所に住む、母の姉に電話してみた。
 やはり、曾お婆ちゃんの死んだ時のことを伯母に尋ねると、驚くべき応えが返ってきたのだった。
(つづく)

←前回へ | 
次回へ→


上野 歩(うえの・あゆむ)

1962年東京生まれ。作家。『恋人といっしょになるでしょう』(集英社)で小説すばる新人賞受賞。文芸社にて執筆アドバイザーを務める。新感覚サイコミステリー『鳴物師 音無ゆかり 事件ファイル』を文芸社より刊行。
公式HP《上野亭かきあげ丼》
http://www.uenotei.com



バックナンバー