自費出版・流通出版・執筆のことなら文芸社へ

自費出版・流通出版は気軽にSite執筆・出版の応援ひろば
よむ人からかく人へ。ここは表現する人を応援する著者のための『ひろば』です。ご相談・お問い合わせは…「なんでも相談室」へ

執筆・創作・自費出版・流通出版のことなら【気軽にSite 執筆・出版の応援ひろば】トップへ > 書く歩く(第39回 『見える人−③』)

書く歩く(第39回 『見える人−③』)


第39回 『見える人−③』

 電話で話した伯母は、曾祖母の葬儀が、伯母の息子(つまり僕の従兄弟)の小学校の入学式と重なっていたことを覚えていた。
 その従兄弟は、僕より6歳年長である。学齢に達するのが6歳だから……では、曾祖母が生きていた頃、僕は生まれていなかったことになるではないか!
 一瞬、背筋を冷たいものが走った。
 僕の誕生日は5月である。つまり、4月に曾祖母の葬儀があって、その後入れ替わるように出生したことになる。
 では、あの母の生家の2階で会った曾祖母は……? あれは、僕が作った記憶だったのか、あるいは、この世の人ではない姿ということになる。
 僕は、四国のKさんに電話して事情を話してみた。
「ウエノさんがお会いになられたのは、亡くなった曾お婆さまですよ」
 とKさんがこともなげに言った。
「つまり、幽……霊?」
 僕が半信半疑にそう呟くと、電話の向こうからKさんの小さな笑い声が聞こえた。
「そうなりますね。先日、ウエノさんが、曾お婆さまに会った記憶があると仰った時に、それを感じました」
「つまり、僕が会った曾祖母がすでにこの世の住人でない、ということをですか?」
「ええ」
 そういえばあの時、Kさんの表情がそれまでと少しだけ変わったのを覚えている。

 ほかにも伯母に聞いた話から、曾祖母について、もう少し知ることができた。曾祖母が、茨城の神職の家の出であったことだ。
 そうなると、もうひとつのことに結びつく。この『書く歩く』の第1〜6回『命の恩人』のエピソードに登場する施術師の先生も、実は“見える人”で、「ウエノさんには、北関東の訛りのある方がついていて、その方が“コレ(僕のこと)は酒飲みだから、もう少し控えるように言ってくれ”と仰っています」と伝えられていたのだ。
 その話をKさんにしたところ、
「曾お婆さまのことです」
 と静かに断定した。
(つづく)

←前回へ | 
次回へ→


上野 歩(うえの・あゆむ)

1962年東京生まれ。作家。『恋人といっしょになるでしょう』(集英社)で小説すばる新人賞受賞。文芸社にて執筆アドバイザーを務める。新感覚サイコミステリー『鳴物師 音無ゆかり 事件ファイル』を文芸社より刊行。
公式HP《上野亭かきあげ丼》
http://www.uenotei.com



バックナンバー