自費出版・流通出版・執筆のことなら文芸社へ

自費出版・流通出版は気軽にSite執筆・出版の応援ひろば
よむ人からかく人へ。ここは表現する人を応援する著者のための『ひろば』です。ご相談・お問い合わせは…「なんでも相談室」へ

執筆・創作・自費出版・流通出版のことなら【気軽にSite 執筆・出版の応援ひろば】トップへ > きがるにイチオシ

きがるにイチオシ

Zen in War

Gabor Fabricius

ISBN:978-4-286-16812-8
1,512円 (本体 1,400円)

いわゆる「第二次世界大戦」は、真珠湾攻撃から、原爆投下までの期間を称しているが、作者は、争いの発端と終結を下関講和条約からサイゴン陥落までの80年とし「太平洋80年戦争」と結論づけた。本書は、日本に息づく「争いを避ける禅のモラル」に触発されて、本書を書き起こしたという。図版84点余を配し、わかりやすく解説した戦争史論考。英語で出版された本の日本語訳。
第三の男傑

前壽人

ISBN:978-4-286-16984-2
756円 (本体 700円)

津波防御の長堤を作り、コレラ防止に努め、勝海舟を支援し、福澤諭吉と親交を重ね、外国の波に呑み込まれない日本国をいかに創るか。一商人濱口梧陵の生きざまを、明治維新を背景に鮮明に描く。梧陵はほとんど知られていない人物であるが、地元が津波に遭ったときの賢明な対処、復興への投資に奔走する姿は、東日本大震災を体験した我々の胸を打つ。
徳川宗春伝

原案:舟橋幸男/著者:NPO法人宗春ロマン隊/監修者:安田文吉

ISBN:978-4-286-17029-9
1,080円 (本体 1,000円)

第八代将軍・徳川吉宗と同時代を駆け抜けた尾張の藩主は、「大きな愛情と広い寛容な心を大切にする慈と忍の殿様」であった。幕府の推し進める緊縮財政は「庶民の元気がなくなる」と京都の次に碁盤割りの町を名古屋につくった徳川家康の財政を受け継ぎ、規制緩和策を推進し、産業文化の保護・育成を行った。威風堂々としたその生涯を収めた一冊。迫力満点のコミックと、資料編を収録。
『格差リバランス』で伸びる20代、蘇る30代

東山新市

ISBN:978-4-286-17030-5
1,512円 (本体 1,400円)

「格差リバランスとは──ライバルたちとの格差に気づいたが、社内における評価の大勢は既に決まりつつある中で、自らの生き方を見直し、上司や仲間達との関係を再構築・強化し最適化(再均衡)を図ることで新たなプレゼンスを高めていくこと」。あなたが入社何年目であろうと“一流のプロ”になることが求められる時代──。上場企業、現役支店長が“若手”に伝えたかった“ホンネ”とは……。
端倪すべからざる国

河村雅隆

ISBN:978-4-286-17058-9
1,512円 (本体 1,400円)

フランスは、よく称される「芸術の国、ファッションの国、グルメの国」だけの存在では決してない。科学技術大国であり軍事大国であり、第二次世界大戦の敗戦国でありながら、いつの間にか戦勝国の座を占めた、したたかな政治大国でもある。そのフランスが大きく揺れている。練達のメディア・ウォッチャーが見つめる「端倪すべからざる国・フランス」の今
「美人局」の謎、「流石」の嘘

江本弘志

ISBN:978-4-286-17066-4
1,620円 (本体 1,500円)

「淡路」の語源は「阿波への路」ではなかった!? 大阪「梅田」「十三」の語源は? 「狩人」はなぜ「かりびと」ではないの? どうして「美人局」と書いて「つつもたせ」と読むの? 「流石」の語源は中国から、というのはウソだった!? ……知っているようで誰も知らない、知ったら思わず誰かに話したくなる、目からウロコの「語源・諸学」大事典の登場です。
明治維新の功罪

藤井棟介

ISBN:978-4-286-17110-4
1,512円 (本体 1,400円)

明治維新への胎動/維新前夜/明治維新/明治の啓蒙思想家/明治憲法と日本の膨張/満州国と太平洋戦争/敗戦と戦後の歩み──坂本龍馬と船中八策、中央集権体制と在野の動き、中江兆民・植木枝盛・福沢諭吉の三大思想家、伊藤博文と帝国憲法、そして、岸信介の戦前・戦中・戦後の歩みに焦点を当てながら、国家主義と民主主義の二つの流れの源は、明治にあることを明らかにしていく。
偉人の言葉で知る軍事

冬山林蔵

ISBN:978-4-286-17114-2
1,296円 (本体 1,200円)

「たった一つの命を他人のために使うという生き方──それが《軍事》」。古今東西の偉人が語る、軍事の真髄、存在価値とは? 大国だった100年前の日本人が行使した軍事力、その問題点から未来を探る。そして、大国だった頃の日本人から、人生とは何か、人生をかたちづくる「愛」「金」「ルール」、その基盤となる「軍事力」についても考える。
究極のいじめ解決法

長野志津男

ISBN:978-4-286-17159-3
1,080円 (本体 1,000円)

「いじめはなくならない。だが、減らすことはできる。最も重要なのは幼児期の育て方である」と著者。胎内にいるときから乳幼児期には、食事と呼吸が良い状態に保たれること、すなわち口腔の健康が肝心であり、食事やスキンシップの欲求がすぐに満たされるべきと考える。その意味で、母親の役割は大きい。母親をはじめ、子育てにかかわる大人の再教育、日本の成熟を訴えるエッセイ。

文芸社の気軽にSiteへお越しの方へ
【気軽にSite執筆・出版の応援ひろば】では自費出版・流通出版のご相談を随時受付けています。また出版だけではなく執筆・創作のヒント、きっかけになる情報の提供もしております。特別な原稿応募キャンペーンや書籍やオリジナルグッズのプレゼントなど創作者への情報が満載です。文芸社の気軽にSiteでは書きたい人、これから執筆・出版に挑戦したい人の活動を本気で応援しています。