自費出版・流通出版・執筆のことなら文芸社へ

自費出版・流通出版は気軽にSite執筆・出版の応援ひろば
よむ人からかく人へ。ここは表現する人を応援する著者のための『ひろば』です。ご相談・お問い合わせは…「なんでも相談室」へ

執筆・創作・自費出版・流通出版のことなら【気軽にSite 執筆・出版の応援ひろば】トップへ > 書いた人のわ(「愛しき子供達へ」 速藤智彦)

書いた人のわ(「愛しき子供達へ」 速藤智彦)

「愛しき子供達へ」 速藤智彦
 突然、小説を書き始めた。
今まで一度も小説など書いた事もなかった。それでも心の中に、『書きたい!』という感情がふつふつと沸き上がり、気が付けば8年が過ぎた。
 それこそ最初は小説の書き方も解らずに、ただ自分の好き勝手に書いていたような気がする。今思うと、本当に恥ずかしい。1冊目の本が完成、刊行された時、『これで夢が叶った』、そんな気持ちになった。それがどういう訳か、5作品も刊行するとは、自分自身、夢にも思っていなかった。「何故?」と聞かれると返答に窮するが、自分の心の中に湧き上がってくる感情を、文字という手段で表現していく事にすっかりハマってしまった、そう答えるしかない。
 それにしても元来、飽き性の私がよく8年も続いたものだと思う。未だに私自身がそれをいちばん信じられずにいる。

 小説を書いている最中に、「何でこんな苦労をしてまで書いているんだ!」と叫びたくなる事や、このまま書くのを止められたらどんなに楽かと思う事が、1度や2度ではなかった。なのに書かずにいられないのは、最後の一文字を書き終えた時の何とも言えない、『心の満足感』だと思う。その満足感が身体全体を駆け巡り、得も言われぬ陶酔の心境に達する。その瞬間のエクスタシー感こそが、作品を書き続ける原動力なのかもしれない。


 そんな私が懲りもせず今度又、本を出版する事になった。
 これで6作品目になる。いつも思うのだが、小説を書き上げた時にはこれこそが、私自身の最高傑作!この小説を書かずにしてはいられなかった、と。
 でも、そんな激しい思い込みも時間が経つにつれ、次第にある感情に変化していく。その感情とは、悩み、苦しみ、七転八倒しながら書き上げた私にとっては、どの作品も愛しい子供のようなもの。産声をあげたものの、その先の行く末がどうなるか、戸惑っている私の子供達。
 そんな子供達を、優しく、いつも温かい目で見守ってくれている文芸社の各部署の方々。そんな大勢の人々に見守られながら、私の子供達は、覚束ない足取りでよちよちと歩き始める。

 いつかそんな子供達が成長し、りっぱに独り歩きする日が来る事を夢みながら、今日も私は小説を書き続けたいと思っている。

速藤智彦
1955年3月24日生まれ。東京都出身、埼玉県在住。
日本デザイナー学院 レタリング科卒業。

←前回へ | 
次回へ→


バックナンバー


文芸社の気軽にSiteへお越しの方へ
【気軽にSite執筆・出版の応援ひろば】では自費出版・流通出版のご相談を随時受付けています。また出版だけではなく執筆・創作のヒント、きっかけになる情報の提供もしております。文芸社の気軽にSiteでは書きたい人、これから執筆・出版に挑戦したい人の活動を本気で応援しています。