自費出版・流通出版・執筆のことなら文芸社へ

自費出版・流通出版は気軽にSite執筆・出版の応援ひろば
よむ人からかく人へ。ここは表現する人を応援する著者のための『ひろば』です。ご相談・お問い合わせは…「なんでも相談室」へ

執筆・創作・自費出版・流通出版のことなら【気軽にSite 執筆・出版の応援ひろば】トップへ > 書いた人のわ(「天使との会話  『花詩集』」 SumiNasu)

書いた人のわ(「天使との会話  『花詩集』」 SumiNasu)

「天使との会話  『花詩集』」 SumiNasu
 あなたの愛に
 全宇宙のエネルギーがそそがれる
 その時
 あなたのお心は
 どこまでも
 平穏に
 優しさにつつまれる


 この場をおかりしまして今回作、フォトポエム集「天使との会話  『花詩集』」のご紹介を出来ます事に、心より感謝を申し上げたいと思います。

 「天使との会話」は、17年前にアメリカ留学した際、寝ることも食べることも忘れ、周囲の諸問題に取り組んでいるうちに、そのものすごいストレスから発症した、統合失調症の闘病の中から生まれた作品群です。この心の病は100人に1人という珍しい病気ではありません。

 すぐに帰国させられ精神衰弱の状態に陥り、入院をして養生しましたが、まだその頃は自分の中に病識がなく、お薬を飲まなかったりして再発を繰り返し、7回の入退院を経験しました。今は、自分に合った正しい処方をして頂ければ、日々の生活はずっと楽なものになると認識して、社会復帰もしています。

 9年位前から雪洲流の活花のお稽古に行く様になりました。私はお花選びをして行きまして、先生は自由に活けさせて下さり、最後にほんのちょっとだけ手を加えて下さいます。そしてデジカメで完成作を撮り続けました。

 また、一方でポエムは、病の方から来る不穏感というものに襲われた時、特にインスピレーションでメッセージが送られて来る様にやって来ます。ペンをとるとすらすらとポエムが書ける様になるのです。ユニバースからのメッセージと思います。

 パソコン教室にも5年程前より通う様になり、写真にポエムをのせる事にとても楽しみを覚え、取り組む様になりました。

 そして、これを出版出来たらいいなぁと思い、応募したところ、文芸社ビジュアルアートさんよりお話があり、フォトポエムポストカードブック「守護天使との会話」を2年前に出版致しました。

 しかし、この時は自分の病をオープンにするという事は、戦々恐々とするほど怖いものでした。担当医の先生からもリスクのほうが高いですねと言われて、病の事は、カムイングアウトしないまま出版をしました。

 しかし、今回作「天使との会話」は、前作もでしたが、心の病の闘病の中で私が受け取ってきた愛と光のメッセージであり、この病の事をオープンにしなければ、不十分と思っていました。しかし、未だ偏見のある病気でもありますでしょうし、しかし、だからこそ私は、病名をオープンにして、皆様のご理解を頂きたいと思ったのです。

 まず父に聞いてみました。病気の事を書こうと思うんだけれどもと・・・父は何の反対もせず、むしろ「書けば」という答えでした。母に至っては「ふ〜ん」だけで終りました。(笑)

 今回は担当医の先生も反対はしませんでした。「カムイングアウトする人は多いし、あなたがそうしたければそれもいいでしょう。」というお答えでした。

 病名を明確にするかしないかは、私次第で、何度も不安と不穏に陥りながら考えましたが、やはり答えは心の病である事をはっきりと皆様にお伝えして、皆様にご理解をして頂く事でした。そして、制作途中私の中の何かがシフトアップするのも感じました。

 テーマは、愛、平和、感謝、宇宙です。

 与える愛を伝えたい
 思いやりを伝えたい
 すべての愛を伝えたい
 私達が愛の存在と伝えたい
 私達が愛と共に歩む事を伝えたい

 心の病の偏見がなくなります様、また心の病の方がこの本で励まされます様祈り、この「天使との会話」をただただ愛と感謝で送り出したのであります。そして、皆様のもとに、良き知らせがありますように願っています。

With Love Peace Thanks Hope&Respect

SumiNasu

SumiNasu
1964年 長野県生まれ
1986年 日本女子体育大学卒
1986年 青年海外協力隊入隊(スリランカ派遣)
1991年 東京医療専門学校卒
2009年 文芸社ビジュアルアートよりポストカードブック『守護天使との会話』発刊

■趣味
活花
パソコン
英会話
畑作
ジム通い
スヌーピーグッズ集め

30歳より統合失調症を発症する。
この病気は100人に1人という珍しくはない病気ですが、この病気に出会いました事は、私にとりまして大変な試練でありました。
しかし、周りの皆様、友人の皆様のご理解を得て、ここまで参る事が出来ました事に最大限の感謝を述べさせて頂きたいと思います。
本当にありがとうございます。
発症後、雪洲流師範恩師重盛栄子先生のご指導を受け、お花選びから活花フォトを自ら手がける。
闘病過程においてユニバースから頂いた愛と平和のメッセージを本詩集に仕上げました。
この詩集を手にして下さった皆様に心より感謝を申し上げます。
そして、発刊に際してご協力下さいました皆様に、スペシャルサンクス(*^_^*)
With Love Peace Thanks Hope&Respect。。。。。

←前回へ | 
次回へ→


バックナンバー


文芸社の気軽にSiteへお越しの方へ
【気軽にSite執筆・出版の応援ひろば】では自費出版・流通出版のご相談を随時受付けています。また出版だけではなく執筆・創作のヒント、きっかけになる情報の提供もしております。文芸社の気軽にSiteでは書きたい人、これから執筆・出版に挑戦したい人の活動を本気で応援しています。