自費出版・流通出版・執筆のことなら文芸社へ

自費出版・流通出版は気軽にSite執筆・出版の応援ひろば
よむ人からかく人へ。ここは表現する人を応援する著者のための『ひろば』です。ご相談・お問い合わせは…「なんでも相談室」へ

執筆・創作・自費出版・流通出版のことなら【気軽にSite 執筆・出版の応援ひろば】トップへ > 執筆虎の巻(キャラクターを創る/第一回 『魅力的な主人公とは?』)

執筆虎の巻(キャラクターを創る/第一回 『魅力的な主人公とは?』)

"
「キャラクターを創る」
宮城県 主婦 31歳
主人公のキャラクターをどんなふうにしたらいいか、いつも悩んでしまいます。できるだけ魅力的な人物にしたいとは思うのですが、ヒントをいただけないでしょうか。

 主人公の造形は作品の魅力に直結する要素じゃから、これは実に大きなポイントじゃな。例えば、ストーリーがいくら波乱に富んでいても、主人公のキャラクターの造形が中途半端であっては、行き当たりばったりの印象を読者に与えてしまって、結局面白い作品にはならんじゃろう。主人公とは、読者を物語世界に引き込む重要な役割を担っている存在なのじゃ。

 創作なんだから何でもあり、といって、長所を積み上げても魅力的な人物になるわけでもない。容姿端麗で頭脳明晰、運動神経も抜群でお金持ち、正義感も強くて勇気があって、とにかく万能、みたいな主人公だったら、わしはその時点で読む気が失せるのう。わしと共通する部分がまったくないではないか! というのはひがみかもしれんが、出来すぎの人物に現実味がない(=共感しにくい)のはたしかじゃ。単純に長所=魅力とはいかんわけじゃな。

 諸君がこれまでに読んだり見たりした小説、映画、漫画の中の主人公を思い出して欲しい。完全無欠な人物ではなく、どこか短所、弱点があったのではないかな? そしてその短所が読者の心を掴む主人公の個性として際立ったり、弱点を克服する過程がドラマになったりしたはずじゃ。読者が主人公に魅力を感じるかどうかは、その短所、弱点の設定にポイントがあると言って良いじゃろう。またこれらを物語の中でどのように活かすか、というところまで考えるのじゃぞ!

"



バックナンバー


文芸社の気軽にSiteへお越しの方へ
【気軽にSite執筆・出版の応援ひろば】では自費出版・流通出版のご相談を随時受付けています。また出版だけではなく執筆・創作のヒント、きっかけになる情報の提供もしております。文芸社の気軽にSiteでは書きたい人、これから執筆・出版に挑戦したい人の活動を本気で応援しています。